ニュースリリース

2012年10月17日 [ 音楽制作]

49鍵盤モデルは3.8kg、61鍵盤モデルは4.8kgの軽さを実現

最先端の音色をエレキギター並みの軽量・コンパクトなサイズに搭載

ヤマハ ミュージックシンセサイザー
MX49/MX61

− スタジオやライブに気軽に持ち運べ、本格的な音楽制作システムにも対応、11月下旬発売 −

PDFダウンロード(393Kb)

ヤマハ ミュージックシンセサイザー『MX49』 オープンプライス 2012年11月下旬発売

ヤマハ ミュージックシンセサイザー『MX49』
オープンプライス
2012年11月下旬発売

ヤマハ ミュージックシンセサイザー『MX61』 オープンプライス 2012年11月下旬発売

ヤマハ ミュージックシンセサイザー『MX61』
オープンプライス
2012年11月下旬発売

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、デジタル楽器の新製品として、ヤマハ ミュージックシンセサイザー『MX49』『MX61』を11月下旬から発売します。

価格と発売日

品名 品番 価格 発売日
ヤマハ
ミュージックシンセサイザー
MX49 オープンプライス 11月下旬
MX61 オープンプライス
  • ◎初年度販売予定数:合計5,000台

製品の概要

 当社は、1974年に「SY-1」を発売以来、ステージでのライブパフォーマンスから音楽制作シーンに至るまで、さまざまなニーズに応えるシンセサイザーを発売しています。2001年にはフラッグシップシンセサイザーとして初代の「MOTIF(モチーフ)」を発売、2010年には「MOTIFシリーズ」の最新モデル「MOTIF XF」を発売、その優れた音色、演奏性、操作性は、世界中のアーティストに認められ、使用されています。

 このたび発売する『MX49』『MX61』は、ピアノ、エレピ、オルガン、ストリングスといったバンドで定番のキーボードサウンドから最先端のシンセサイザーサウンドまで、フラッグシップシンセサイザー「MOTIFシリーズ」から即戦力となる1,000音色を内蔵しつつ軽量でコンパクトなサイズを実現したシンセサイザーです。特に49鍵盤モデルの『MX49』は3.8kgと一般的なエレキギター並みの軽さを実現しており、スタジオやライブ演奏に気軽に持ち運んで使用することができます。また、目的の音色を瞬時に選択できる使いやすいユーザーインターフェースを採用し、かんたんな操作も実現しています。さらに、USB Audio/MIDIインターフェース機能も搭載しており、音楽制作ソフトウェア「Cubase AI 6」も同梱していますので、ライブやリハーサルスタジオに持ち出して使うだけでなく、自宅でも作曲やアレンジといった音楽制作システムの中核として活躍します。

 詳細は以下の通りです。

主な特長

1. 軽量・コンパクト、持ち運びしやすいデザイン

軽量・コンパクト、持ち運びしやすいデザイン

『MX49』は一般的なエレキギター並みの3.8kg、『MX61』は4.8kgの軽さを実現しており、スタジオやライブ演奏に気軽に持って行けるよう、軽量かつ奥行きの狭い持ちやすいデザインにしています。『MX49』は、自宅の机の上やコンピューターの前に置いても邪魔にならないスリムなデザインで、『MX61』は、底面に手を引っ掛けられるくぼみをつけており、片手でも持ち運びしやすくなっています。

2.バンドで即戦力となる1,000音色を内蔵

リアルなアコースティックピアノ、往年のエレクトリックピアノ、迫力のあるオルガンといったバンドで即戦力となるサウンドからシンセサイザーサウンド、ドラム音色まで、さまざまなジャンルに対応するハイクオリティなサウンドを楽しめます。フラッグシップシンセサイザー「MOTIFシリーズ」から1,000以上の音色を厳選して収録しました。また、アルペジオを利用することで、各楽器特有のフレーズの再現や、複雑なフレーズの再生が簡単にでき、幅広い音楽表現を可能にしています。エフェクトには「VCM (Virtual Circuitry Modeling)」エフェクトや高品位なリバーブ「REV-X」、マスターEQなど多彩なシステムを採用しており、「MOTIFシリーズ」を継承したプロレベルのサウンドを実現できます。

3.簡単で使いやすいユーザーインターフェース

『MX49』『MX61』は目的の音色を簡単に選択できるなど、使いやすいユーザーインターフェースを採用しています。楽器の種類や音のキャラクター別に分類された16個のカテゴリーボタンを使用して音色の選択が可能です。また、2つのボイスを重ねて鳴らすレイヤー機能や、鍵盤の音域によって分けて鳴らすスプリット機能をワンタッチで設定できます。さらに、4つのノブを使うことで、全部で12種類の機能をリアルタイムにコントロールでき、シンセサイザーならではの音色のパフォーマンスも可能です。

簡単で使いやすいユーザーインターフェース

4.リズムパターンやソングとのセッション機能

本体には複数のリズムパターンを内蔵しており、それらを再生することで、さまざまなジャンルのリズムパターンに合わせて演奏することができます。また、USBフラッシュメモリー上のMIDIデータやオーディオデータを再生する機能を搭載しており、コンピューター上で作成したソングデータなどをライブ演奏で手軽に利用できます。さらに、AUX IN端子に接続した携帯用音楽プレーヤーなどを再生させることで、好きな曲に合わせた演奏を気軽に楽しむことができます。

5.USB Audio/MIDIインターフェースを搭載、DAWソフトウェアを使った音楽制作に対応

本体とコンピューターをUSBケーブル(別売)1本で接続するだけで、MIDIデータだけでなく本体のオーディオデータもコンピューター上のDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)ソフトウェアとやりとりすることができます。MIDIデータの録音/再生に加え、本体で鳴っている音をそのままDAWにオーディオ録音したり、本体の出力端子やヘッドホン端子からDAWソフトウェアの音をモニターしたりすることもでき、さまざまな音楽制作に対応しています。
DAWソフトウェアとして、スタインバーグ社「Cubase AI 6」を同梱しており、本体を「Cubase」に特化したコントローラーとして扱うことことができます。また、「Cubase」との連携をより快適にする「MX49/MX61 Remote Tools」をインストールすることで、本体から「Cubase」のトランスポート操作や各種VSTi(ソフトウェア音源)のパラメーターコントロールなどができるようになります。
さらに、バーチャルアナログソフトシンセSteinberg「Prologue」、オルガンエミュレーターYamaha「YC-3B」も付属し、本体のノブから直感的なパラメータ編集も可能です。

  • ※ 各ソフトシンセは、当社ウェブサイトからのダウンロードになります。

主な仕様

鍵盤 MX49:49鍵(イニシャルタッチ)
MX61:61鍵(イニシャルタッチ)
音源部 音源方式 AWM2
最大同時発音数 128音
マルチティンバー数 内蔵音源16パート
波形メモリー 166MB相当(16bitリニア換算)
ボイス数 プリセット: 1106ノーマルボイス+61ドラムキット
(GM: 128ノーマルボイス+1ドラムキット)
ユーザー: 128ノーマルボイス+8ドラムキット
パフォーマンス数 ユーザー: 128音色(16パート)
エフェクト リバーブ×9タイプ(42プリセット)、
コーラス×17タイプ(88プリセット)、
インサーション×48タイプ(267プリセット)×4系統、
マスターEQ(5バンド)
シーケンサー部 シーケンスプレイ SMFフォーマット0(再生のみ)
テンポ(BPM) 5~300
リズムパターン数 208パターン
ソング数 デモソング 27曲
アルペジオ 999タイプ
その他 リモート対応
ソフトウェア
<Windows>Cubase 6以降、SONAR X1 Producer
<Macintosh>Cubase 6以降、Logic Pro 9、Digital Performer 7
  • ※ 各ソフトウェアの機能によって、リモートコントロールできる内容が異なります。
主な操作子 ピッチベンドホイール×1、モジュレーションホイール×1、アサイナブルノブ×4、[DATA]ダイアル×1
ディスプレイ 3桁LED + 20×2行キャラクターLCD(バックライト付)
接続端子 OUTPUT [L/MONO]/[R](標準フォーンジャック)、[PHONES](ステレオ標準フォーンジャック)、[FOOT CONTROLLER]、[SUSTAIN]、MIDI [IN]/[OUT]、USB [TO HOST]/[TO DEVICE]、[AUX IN]、DC IN
消費電力 9 W
寸法・質量 MX49: 830(W) x 298(D) x 91(H)mm、3.8kg
MX61: 984(W) x 299(D) x 112(H)mm、4.8kg
付属品 電源アダプター(PA-150A)、保証書、取扱説明書、Online Manual CD-ROM×1枚(リファレンスマニュアル、シンセサイザーパラメーターマニュアル、データリスト収録)、DVD-ROM×1枚(付属DAWソフトウェア)

ヤマハ ミュージックシンセサイザー『MX49』 リアパネル

ヤマハ ミュージックシンセサイザー『MX49』 リアパネル

ヤマハ ミュージックシンセサイザー『MX61』 リアパネル

ヤマハ ミュージックシンセサイザー『MX61』 リアパネル

*文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。

この件に関するお問い合わせ先

■報道関係の方のお問い合わせ先

ヤマハ株式会社
広報部 宣伝・ウェブコミュニケーショングループ 担当:木崎
〒108-8568 東京都港区高輪 2-17-11
TEL:03-5488-6605
FAX:03-5488-5063

■一般の方のお問い合わせ先

ヤマハ株式会社
お客様コミュニケーションセンター
シンセサイザー・デジタル楽器ご相談窓口
〒430-8650 静岡県浜松市中区中沢町10-1
TEL 053-460-1666

※このニュースリリースに掲載されている製品情報や問い合わせ先などは、発表日現在の情報です。
発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

関連リンク

ホーム > 製品情報 > 音楽制作機器 > シンセサイザー

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社の Adobe Reader®が必要になります。
最新の Adobe Readerは Adobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe® Reader™

ページトップへ戻る