ニュースリリース

2013年04月10日 [プロオーディオ]

好評のMGPシリーズの新ラインアップ

アナログとデジタルを高次元で融合、多機能と直感的な操作性を実現

ヤマハ ミキシングコンソール
『MGP32X』『MGP24X』

− USBデバイス録音・再生、GEQやマスターコンプなどの新機能を搭載。2013年5月発売 −

記者発表動画

PDFダウンロード(899Kb)

写真右: ヤマハミキシングコンソール『MGP32X』 税込価格210,000円(本体価格200,000円)、写真左: 同『MGP24X』 税込価格157,500円(本体価格150,000円)

写真右: ヤマハミキシングコンソール『MGP32X』
税込価格210,000円(本体価格200,000円)
写真左: 同『MGP24X』
税込価格157,500円(本体価格150,000円)

 ヤマハ株式会社は、プロフェッショナルオーディオ機器の新製品として、ヤマハ ミキシングコンソール『MGP32X』『MGP24X』を2013年5月から発売します。

価格と発売日

品名 品番 税込価格(本体価格) 発売日
ヤマハ ミキシングコンソール MGP32X 210,000円(200,000円) 2013年5月
MGP24X 157,500円(150,000円) 2013年5月

製品の概要

 このたび発売する『MGP32X』『MGP24X』は、アナログミキサーとデジタルミキサー両方のノウハウを持つ当社ならではの“プレミアム・融合”をコンセプトとしたミキサーで、昨年発売し好評を得ている「MGP16X」「MGP12X」のラインアップに追加となるモデルです。音質を決定する入力部にはディスクリートClass-Aマイクプリアンプ「D-PRE」を、イコライザーには往年の名機特有の周波数特性を再現した「X-pressive EQ」を搭載しています。さらに、高品位な2系統のエフェクトや「ハイブリッドチャンネル」に加え、USBデバイス録音・再生機能、グラフィックイコライザー、マスターコンプレッサーを新規搭載し、使用現場で求められる多数の機能を搭載しながら直感的な操作性を実現しています。

 詳細は以下の通りです。

主な特長

1. ディスクリートClass-Aマイクプリアンプ「D-PRE」を搭載した入力部

「D-PRE」は、当社のハイエンド・レコーディング製品にも使用している高品位なディスクリートClass-Aマイクプリアンプです。増幅素子を多段構成としたインバーテッドダーリントン回路を採用しており、中低域にふくよかな張りと艶を持たせながら高音域の開放感を感じさせる音質を実現しています。さらに、ハイエンドミキサーと同じく各チャンネルに独立したファンタムパワーの切り替えスイッチを設けており、不要なノイズトラブルを防止します。

2. 往年の名機と言われるイコライザーの特性を再現した「X-pressive EQ」

インプットチャンネルのイコライザーには、デジタルミキサーの研究・開発を通して得たノウハウを活かした「X-pressive EQ」を搭載しました。往年の名機と言われるイコライザーなどのアナログ機器のサウンドを再現する、というコンセプトで開発したもので、当社独自の技術「VCMテクノロジー」によって解析した結果を元に実現しています。音質補正だけでなく、積極的なサウンドメイキングにも活用できます。

「X-pressive EQ」「X-pressive EQ」
「X-pressive EQ」特性グラフ(例:Low)「X-pressive EQ」特性グラフ(例:Low)

3. アナログの操作感とデジタルによる多機能を両立した「ハイブリッドチャンネル」

「ハイブリッドチャンネル」
「ハイブリッドチャンネル」

『MGP32X』『MGP24X』には、「ハイブリッドチャンネル」を搭載しています。これは、内部にフルデジタルで制御されるAD/DAコンバーターとDSPを搭載したもので、「Ducker」「Leveler」「Stereo Image」などの機能を、デジタル処理を意識せず直感的に操作することが可能です。通常のアナログミキサーでは成しえない、デジタルならではのメリットを盛り込んだ各機能は、固定設備やイベントPAをはじめ、さまざまな用途でオペレーターをサポートします。

4. マルチエフェクターとして定評の「SPX」と高品位リバーブ「REV-X」を搭載

『MGP32X』『MGP24X』には、1985年発売以来、世界中のエンジニアに親しまれてきたマルチエフェクター「SPX」と、プロユースのデジタルミキサーに搭載されている最新のリバーブプログラム「REV-X」の2つのエフェクトプロセッサーを搭載しています。これらのプログラムは、専用コントロールパネルにより、細かな設定までその効果を調整することが可能です。

「SPX」「REV-X」コントロールパネル
「SPX」「REV-X」コントロールパネル

5. グラフィックイコライザー、マスターコンプレッサーを新規搭載

グラフィックイコライザー
グラフィックイコライザー

『MGP32X』『MGP24X』は、STEREO OUTにきめ細かな音質調整が行えるプログレードのグラフィックイコライザーを搭載しています。固定14バンドGEQモードだけでなく、特定の周波数ポイントを柔軟にコントロールできるFlex 9 GEQモードも選択できます。GEQはエンコーダーによるスイープが可能となっており、ハウリングポイントや気になる周波数成分の検出が容易に行えます。
また、STEREO OUTにマスターコンプレッサーを搭載しています。Comp(帯域分割なしのシンプルなタイプ)とMultiBand(3バンドの帯域分割方式のタイプ)の2種類のマスターコンプレッサーを選択することができ、STEREOバス(L/R)のピークレベルを抑えたり、全体の音圧レベルをバランスよく上げたりすることが可能です。プリセットとして3つのプログラムを用意しているほか、ユーザープログラムとして任意の設定を5つまで保存できます。

6. USBデバイス録音・再生機能、iPhone/iPodのデジタル接続に対応、専用アプリも用意

USBポート
USBポート

USBデバイス接続用とiPod/iPhone接続用の2つのUSBポートを搭載しています。内蔵のUSBデバイスレコーダー機能を使ってSTEREOバスやMATRIXバスの出力をUSBデバイスにオーディオファイルとして録音したり、USBデバイスに保存した曲をSTEREOバス、MONITOR OUT、INPUTチャンネルへ割り当てて再生することが可能です。また、iPod/iPhoneをUSB端子にデジタル接続することにより、音楽を簡単かつ高音質で再生できるほか、iPod/iPhoneへの充電も同時に行われるため、長時間の再生も安心して行えます。加えて、iPhone/iPod touch用のアプリケーション「MGP Editor」も用意しています。「ハイブリッドチャンネル」に搭載された3つの機能や、2つのデジタルエフェクター「SPX」「REV-X」、新規搭載されたグラフィックイコライザーやマスターコンプレッサーなどをより直感的に操作できるだけでなく、iPod/iPhoneのプレイリストをダイレクトに再生することも可能です。

「MGP Editor」
「MGP Editor」

7. 現場で求められる実用性、信頼性に応える『MGPシリーズ』ならではの機能を搭載

『MGPシリーズ』は、より高い信頼性、品質を求める声に応えるため、製品を構成する基礎的な要素から新規設計を行いました。
『MGP32X』は24マイク入力/32ライン入力、『MGP24X』は16マイク入力/24ライン入力の構成で、本体のデザイン性、堅牢性を向上させています。電源ノイズの軽減にも配慮した専用の金属ボディーシャーシを採用し、1つのノブ操作で適切なコンプレッサー効果を実現する1-knobコンプレッサーにも専用LEDを搭載するなど、既存機能からの進化を実現しました。

主な仕様

総合仕様

全高調波歪(THD) 0.02%, 20Hz~20kHz@ +14dBu(ST OUT)
周波数特性 +0.5/-1.0dB, 20Hz~20kHz、ノミナル出力レベル@1kHz
ノイズ
(A-Weightフィルターで測定)
-128dBu(入力換算ノイズ)、-94dBu(残留ノイズ)
20Hz~20kHz、Rs=150ohms, Input Gain=最大
クロストーク
(1kHzバンドパスフィルタで測定)
-74dB@1kHz
ファンタム電源電圧 +48V
HPF MIC INPUT: 100Hz、12dB/oct
チャンネルイコライザー
(MONO) ±15dB(最大)
HIGH 8kHz(シェルビング)
MID 250Hz-5kHz(ピーキング)
MGP32X: CH1-24,29-32、MGP24X: CH1-16,21-24
LOW 125Hz(シェルビング)
チャンネルイコライザー
(STEREO) ±15dB(最大)
HIGH 8kHz(シェルビング)
MID 2.5kHz(ピーキング)
MGP32X: CH25-28、MGP24X: CH17-20
LOW 125Hz(シェルビング)
コンプレッサー コントロール×1(ゲイン/スレッショルド/レシオ)
MGP32X: CH9-24、MGP24X: CH9-16
デジタルエフェクター FX1:REV-X 8プログラム、パラメーターコントロール
FX2:SPX 16プログラム、パラメーターコントロール
LED レベルメーター 4×12ポイント
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 MGP32X: 86W(最大)、MGP24X: 76W(最大)
最大外形寸法 (W×H×D) MGP32X: 1,027mm×169mm×565mm
MGP24X: 819mm×169mm×565mm
質量 MGP32X: 19kg、MGP24X: 15.5kg

アナログ入力規格

入力端子 PAD GAIN 入力
インピーダンス
適合
インピーダンス
入力レベル 端子仕様
感度 ノミナル 最大ノンクリップレベル
MONO CH INPUT
MGP32X:1-24
MGP24X:1-16
0 -60dB 3kΩ 50-600Ω Mics -80dBu -60dBu -40dBu XLR-3-31タイプ
(バランス)
フォーンジャック
(アンバランス)
-16dB -36dBu -16dBu +4dBu
26 -34dB 600Ω Lines -54dBu -34dBu -14dBu フォーンジャック
(TRS)
(バランス)
+10dB -10dBu +10dBu +30dBu
STEREO CH INPUT
MGP32X:25-32
MGP24X:17-24
- -34dB 10kΩ 600Ω Lines -54dBu -34dBu -14dBu フォーンジャック
(アンバランス)
RCA ピンジャック
- +10dB -10dBu +10dBu +30dBu
MONO CH INSERT IN
MGP32X:1-24
MGP24X:1-16
- - 10kΩ 600Ω Lines -20dBu 0dBu +20dBu フォーンジャック
(TRS)
(アンバランス)
STEREO CH INSERT
Input(L, R)
- - 10kΩ 600Ω Lines -20dBu 0dBu +20dBu フォーンジャック
(TRS)
(アンバランス)
TALKBACK Input - - 10kΩ 50-600Ω Mics -66dBu -50dBu +30dBu XLR-3-31タイプ
(アンバランス)
  • 0 dBu =0.775 Vrms、0 dBV = 1 Vrms

アナログ出力規格

出力端子 出力
インピーダンス
負荷
インピーダンス
出力レベル 端子仕様
規定
レベル
最大ノンクリップレベル
STEREO OUT (L, R) 75Ω 600Ω Lines +4dBu +24dBu XLR-3-32タイプ(バランス)
フォーンジャック(バランス)
GROUP OUT (1-4) 150Ω 10kΩ Lines +4dBu +20dBu フォーンジャック(バランス)
AUX SEND (1-6) 75Ω 600Ω Lines +4dBu +24dBu XLR-3-32タイプ(バランス)
MONO OUT 75Ω 600Ω Lines +4dBu +20dBu XLR-3-32タイプ(バランス)
MONO CH INSERT OUT
MGP32X:1-24
MGP24X:1-16
75Ω 10kΩ Lines 0dBu +20dBu フォーンジャック
(アンバランス)
ST CH INSERT OUT (L, R) 75Ω 10kΩ Lines 0dBu +20dBu フォーンジャック
(アンバランス)
MATRIX OUT (1, 2) 150Ω 10kΩ Lines +4dBu +20dBu フォーンジャック
(インピーダンスバランス)
MONITOR OUT (L, R) 150Ω 10kΩ Lines +4dBu +20dBu フォーンジャック
(インピーダンスバランス)
PHONES 100Ω 40Ω Phones 3mW 75mW ステレオフォーンジャック
  • 0 dBu =0.775 Vrms、0 dBV = 1 Vrms

デジタル入出力規格

端子名称 フォーマット 端子仕様
USB TO DEVICE USBデバイス(マスストレージクラス) USB Aタイプ

デジタル入力規格

端子名称 フォーマット 端子仕様
USB for iPod iPod, iPhone専用 USB Aタイプ

*iPod、iPod touchは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

*文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。

この件に関するお問い合わせ先

■報道関係の方のお問い合わせ先

ヤマハ株式会社
広報部 宣伝・ウェブコミュニケーショングループ 担当:木崎
〒108-8568 東京都港区高輪 2-17-11
TEL:03-5488-6605
FAX:03-5488-5063

■一般の方のお問い合わせ先

株式会社ヤマハミュージックジャパン
PA営業部
プロオーディオ・インフォメーションセンター
TEL:03-5652-3618
(電話受付: 祝祭日を除く月~金/11:00~19:00)
ウェブサイト http://jp.yamaha.com/support/

※このニュースリリースに掲載されている製品情報や問い合わせ先などは、発表日現在の情報です。
発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

関連リンク

関連画像

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社の Adobe Reader®が必要になります。
最新の Adobe Readerは Adobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe® Reader™

ページトップへ戻る