ニュースリリース

2014年04月17日 [ネットワーク・情報機器]

Web会議用マイクスピーカーシェアNo.1のヤマハ新マイクスピーカーシステム

ヤマハ ユニファイドコミュニケーションマイクスピーカーシステム
『YVC-1000』

マイクとスピーカーを独立させた分離型を採用し、
映像と音声の一体感による快適な遠隔コミュニケーションを実現

記者発表動画

PDFダウンロード(543Kb)

ヤマハ ユニファイドコミュニケーションマイクスピーカーシステム 『YVC-1000』 本体価格120,000円(税抜)

ヤマハ ユニファイドコミュニケーションマイクスピーカーシステム 『YVC-1000』
本体価格120,000円(税抜)

ヤマハ株式会社は、マイクとスピーカーを独立させた分離型で映像と音声の一体感を生み、より自然で快適な遠隔コミュニケーションを実現する、高音質ユニファイドコミュニケーションマイクスピーカーシステム『YVC-1000』を、5月中旬より全国で発売いたします。

価格と発売時期

品名 モデル名 本体価格 発売時期
ユニファイドコミュニケーション
マイクスピーカーシステム
YVC-1000 ブラック 120,000(税抜) 2014年5月中旬
YVC-1000用拡張マイク YVC-MIC1000EX ブラック 30,000(税抜) 2014年5月中旬

市場背景と企画意図

2006年よりWeb会議システム市場に参入したヤマハは、「話しやすい」「聞きやすい」会話を実現する会議用マイクスピーカーProjectphoneシリーズを発売。豊富なラインナップや充実したサポート、品質・音質などで高い評価を受けて数多くの企業から選ばれ、国内市場においてシェアNo.1を確立しています。
この度ヤマハは、これまで主に企業の会議用として導入されてきた遠隔会議(Web会議・TV会議・電話会議)システムが、遠隔授業・講義・セミナーや遠隔相談など会議以外の用途にも拡大していることに着目。Projectphoneシリーズで培ってきた技術と品質を受け継ぎ、より自然で快適な遠隔コミュニケーションを実現するために、さらに進化した新シリーズ「Yamaha Voice Communication(YVC)」の提供を開始いたします。

製品の概要

今回発売する『YVC-1000』は、マイクとスピーカーが一体型だったProjectphoneシリーズとは異なり、マイクとスピーカーを独立させた分離型を採用した、中~大会議用マイクスピーカーシステム。低音から高音までクリアに再生できる高音質スピーカーを、ディスプレイなど映像の前に置くことで、映像と音声の一体感を向上させます。さらに、ストレスのない双方向会話をサポートする適応型エコーキャンセラーをはじめ、ヤマハ独自の音声処理技術を多数搭載し、「話しやすく」「聞きやすく」「疲れない」機能を強化。より自然で快適な遠隔コミュニケーションを実現します。

  • *(株)シード・プランニング調べ(2012年9月)。

YVC-1000 主な特長

1. ディスプレイの前に置くことで生まれる、映像と音声の一体感

YVC-1000は、マイクとスピーカー各々を独立させた分離型の構成。スピーカー(音声)をディスプレイ(映像)の前に置くことで、映像と音声の一体感を生むことができ、より自然で快適な遠隔コミュニケーションを実現します。

Web会議利用イメージ

Web会議利用イメージ

2. ヤマハ独自の音声処理技術を多数搭載した、臨場感あふれる高音質

YVC-1000には高性能の適応型エコーキャンセラーをはじめ、ヤマハが長年培ってきた高音質技術を数多く搭載。マイクで収音した音から人間の声を高い精度で判定する技術「HVAD」(Human Voice Activity Detection)をさまざまな音声処理に組み込むことにより、音声とノイズをしっかり仕分けして、「話しやすく」「聞きやすく」「疲れない」音声コミュニケーションを実現します。

【ヤマハの音声処理技術】

  • ストレスなく双方向会話できる「適応型エコーキャンセラー」
    スピーカーの再生音を、マイクが拾うことで発生するエコーを除去。20kHzまでの音声を処理し、よりスムーズな双方向会話を実現します。
  • ノイズを消して声だけを伝える「ノイズリダクション」
    プロジェクターやエアコンなどから発生する定常的なノイズがある場合でも、マイクで収音した音声からノイズ成分を除去します。
  • マイクに近い人と遠い人の音量を調節する「オートゲインコントロール」
    マイクで収音した大きな音も小さな音も、最適な大きさに調整。マイクからの距離や声量の違いによって生じる通話先での音量差を低減します。
  • 声が響きやすい空間でもクリアに伝える「残響抑圧」
    部屋の特性に起因する残響成分を抑圧処理。残響が多い空間でも、通話先にクリアな音声を届けます。
  • スピーカー再生音を聞き取りやすく調整する「オートルームEQ」
    部屋の残響特性に応じて、スピーカーの再生音を最適な音質に自動調整。使用する部屋を変えても、音質調整をする必要がありません。
  • 発話者を自動で追尾する「マイクアレイ制御」
    位置検出機能により、声の方向を自動で追尾。物音には反応せずに、人の声のみをとらえて収音します。

3. PC・スマートフォン・テレビ会議システムなどと自在に接続できる、フレキシブルな接続性


PCベースのWeb会議では、USB接続。スマートフォンやタブレットを使う場合は、Bluetooth接続*1。テレビ会議システムとは、AUDIO接続(オーディオ入出力端子)*2。3つのインターフェースを搭載しており、デバイスや会議システムの種類を問わずフレキシブルに対応します。例えば、Web会議中にインターネット回線に障害が発生してWeb会議が継続できない緊急時でも、スマートフォン経由の音声会議に切り替えて会議を続行することも可能。また、オーディオミキサー機能により、複数のオーディオ入力ソースをミキシングして、異なる回線間での通話もできます。
さらに、NFCも搭載しており、NFC対応*3のスマートフォンやタブレットなら、複雑な操作や設定をしなくてもBluetoothの接続が簡単に行えます。

  • *1 広帯域のデータ伝送(mSBC)に対応しています。
  • *2 RCAピンプラグです。
  • *3 NFC対応機種によっては動作しない、または接続可能な距離が異なる場合があります。

音声会議利用イメージ

音声会議利用イメージ

ビデオ会議利用イメージ

ビデオ会議利用イメージ

4. オプションマイクや外部スピーカーなどとの優れた拡張性で、幅広い用途に対応

YVC-1000用拡張マイク 「YVC-MIC1000EX」 YVC-1000用拡張マイク
「YVC-MIC1000EX」

標準構成(マイク1台付属)*4に加え、オプションの拡張マイク「YVC-MIC1000EX」を4台(合計5台)まで増設可能。標準構成は中規模の会議室でマイクを中央に設置することを想定していますが、マイクを増設することで部屋のレイアウトや大きさ・参加人数に合わせた設置が可能になります。また、外部スピーカー*5を接続することでより広範囲をカバーでき、大規模会議や大きな会場での遠隔セミナーなどでも活躍します。
さらに、ハンドマイク*6との接続が可能になる、外部マイク接続機能*7も搭載。ハンドマイクの音声を、自拠点のYVC-1000本体スピーカーからも出力することが可能になります。講師の音声を遠隔拠点側に配信しながら自拠点にも拡声できるので、セミナー配信や遠隔授業などの用途にも最適です。

  • *4 YVC-1000の標準構成は、本体(スピーカー内蔵)×1+マイク×1です。
  • *5 市販のアンプ内蔵のスピーカーを、2台まで接続できます。
  • *6 マイクロフォンアンプを使用する必要があります。
  • *7 2014年5月時点では未搭載です。無償ファームウェアアップデートにて機能追加予定です。

マイク5台連結&外部スピーカー接続利用イメージ

マイク5台連結&外部スピーカー接続利用イメージ

外部マイク接続機能利用イメージ

外部マイク接続機能利用イメージ

5. かんたん操作&自動音響調整機能で、すぐに使える親切設計

音叉ボタン 音叉ボタン

YVC-1000は使用中に室内の音響環境を学習することにより音響設定を自動で最適化しますが、使用前に「音叉ボタン」を押すことで自動音響調整機能がはたらき、あらかじめ最適化*8しておくことができます。音響状態の問題を検知した場合には、「音叉ボタン」がオレンジ点灯して異常を通知。点灯中に「音叉ボタン」を押せば、音声ガイダンス*9により問題の内容を確認できます。
また、音声ガイダンスは、自動音響調整機能の実行時以外にもBluetooth接続完了時の音声アナウンスなど、さまざまなシーンで操作をサポートします。

  • *8 使用する空間の音響特性、マイクおよびスピーカーの設置位置を自動測定し、「適応型エコーキャンセラー」のフィルター係数を調整するなど、内部パラメーターを最適化します(「適応型エコーキャンセラー」および「オートルームEQ」の設定最適化/内蔵スピーカーと外部スピーカーの遅延差補正/外部スピーカーの周波数特性補正を行います)。
  • *9 英語/日本語/中国語/韓国語/フランス語/スペイン語/ドイツ語に対応。工場出荷時設定は、英語になっています。

YVC-1000 主な仕様

総合 外部インターフェース 本体:USB 2.0 High Speed、Bluetooth、NFC(近距離無線通信)、オーディオ入力端子(RCAピン)、オーディオ出力端子(RCAピン)、外部スピーカー端子(RCAピン)×2、電源端子、マイク端子
マイク:入力端子、出力端子
最大消費電力 20W(マイク1台接続時)、35W(マイク5台接続時)
電波障害規格 VCCIクラスA
動作環境 動作温度:0~40℃
動作湿度:20~85%(結露しないこと)
寸法 本体:332(W)×95(H)×162(D)mm
マイク:136(W)×36(H)×136(D)mm
質量 本体:1.8kg
マイク:0.4kg
電源 AC100V(50/60Hz)
PC動作環境 OS:Windows 8.1(32bit版/64bit版)、Windows 8(32bit版/64bit版)、Windows 7(32bit版/64bit版)
USB:USB 2.0以降
Mac動作環境 OS:Mac OS X 10.9、Mac OS X 10.8
USB:USB 2.0以降
Bluetooth Bluetoothバージョン:Ver.2.1+EDR
対応プロファイル:HFP(1.6)、A2DP
対応コーデック:SBC、mSBC
無線出力:Class2
最大通信距離:10m
NFC 対応機種:NFC対応Android機器Ver.4.1、4.2、4.3、4.4
音声ガイダンス 英語、日本語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語
付属品 電源ケーブル(3m)、USBケーブル(5m)、マイクケーブル(5m)、クイックスタートガイド、保証書
その他 ファームウェアアップデート(PCよりUSBで転送)
オーディオ マイクユニット 単一指向性×3
スピーカーユニット フルレンジ×1
最大音量 95dB(0.5m)
周波数帯域 収音:100Hz~20kHz、再生:100Hz~20kHz
信号処理 適応型エコーキャンセラー、ノイズリダクション、マイクアレイ制御、オートゲインコントロール、オートルームEQ、残響抑圧、自動音響調整

製品情報

ヤマハ ユニファイドコミュニケーションマイクスピーカーシステム 『YVC-1000』 http://jp.yamaha.com/products/communication/

※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または要録商標です。

この件に関するお問い合わせ先

■報道関係の方のお問い合わせ先

ヤマハ株式会社
広報部 宣伝・ウェブコミュニケーショングループ 窪井、千葉
〒108-8568 東京都港区高輪 2-17-11
TEL:03-5488-6605
FAX:03-5488-5063

■一般の方のお問い合わせ先

ヤマハ株式会社
音声コミュニケーション機器お客様ご相談センター
TEL:03-5651-1838
FAX:053-460-3489
ウェブサイト:http://jp.yamaha.com/products/communication/

※このニュースリリースに掲載されている製品情報や問い合わせ先などは、発表日現在の情報です。
発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社の Adobe Reader®が必要になります。
最新の Adobe Readerは Adobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe® Reader™

ページトップへ戻る